適正使用のためのフロー

Step1

対象患者の選択

Step2

投与前の確認事項

Step3

患者への説明と同意

Step4

投与方法

Step5

治療期間中の注意事項
PAH PAH/CTEPH PAH/CTEPH PAH/CTEPH PAH
CTEPH CTEPH

投与方法PAHCTEPH

6. 用法及び用量

通常、成人にはセレキシパグとして1回0.2mgを1日2回食後経口投与から開始する。
忍容性を確認しながら、7日以上の間隔で1回量として0.2mgずつ最大耐用量まで増量して維持用量を決定する。
なお、最高用量は1回1.6mgとし、いずれの用量においても、1日2回食後に経口投与する。

7. 用法及び用量に関連する注意

  • 7.1 投与初期に頭痛、下痢等の副作用が多く報告されているため、患者の状態を十分観察しながら慎重に用量の漸増を行うこと。
  • 7.2 忍容性に問題があり減量する場合は、原則として1回0.2mgずつ漸減すること。減量後に再増量する場合は、再増量までに8日以上の間隔をあけ、忍容性を確認しながら漸増すること。
  • 7.3 3日以上投与を中断した場合、再開時には中断前より低い用量からの投与を考慮すること。
  • 7.4 投与を中止する場合は、症状の増悪に留意しながら投与量を漸減すること。
  • 7.5 中等度の肝障害患者には、1日1回に減量して投与を開始し、投与間隔や増量間隔の延長、最高用量の減量を考慮すること。

ウプトラビ®錠の投与に際しては、最新の添付文書情報及びDrug Informationを確認してください。

基本的な用量調節

基本的な用量調節 基本的な用量調節

用量調節期

本剤は、「1回0.2mg、1日2回」から投与を開始します。
忍容性を確認しながら、7日以上の間隔で1回0.2mgずつ漸増し、最高用量「1回1.6mg、1日2回」まで段階的に増量します。
投与によって、頭痛、下痢、顎痛、筋肉痛、潮紅及び悪心・嘔吐、四肢痛のようなプロスタサイクリン受容体を介する副作用が発現することがあります。
副作用により、服用の継続が困難である場合は「忍容性なし」と判断し、原則として1回0.2mgずつ漸減します。なお、減量後に再増量する場合は、再増量までに8日以上の間隔をあけ、忍容性を確認しながら漸増します。
副作用が発現する用量、副作用の種類やその程度は患者ごとに異なります。副作用の程度及び持続期間、患者の状態等から、服用の継続が可能であるかどうかを総合的に判断し、患者ごとの最大耐用量を確認します。

用量維持期

患者ごとに確認された最大耐用量(維持用量)での治療を継続します。

忍容性の確認による用量調節例

例1:耐え得る程度の軽微な副作用が発現した場合 例1:耐え得る程度の軽微な副作用が発現した場合
  1. 「1回0.8mg」に増量した際、耐え得る程度の軽微な副作用が発現。
  2. 服用の継続は可能と判断されたため、次の用量への増量を延期し、「1回0.8mg」の投与を継続しながら、忍容性確認期間を延長。
  3. 忍容性確認期間の延長により、副作用の症状が軽減したため、次の用量の「1回1.0mg」へ増量。
  4. その後は、副作用の発現もなく順調に増量でき、「1回1.6mg、1日2回」での忍容性を確認。

本症例の最大耐用量を「1回1.6mg、1日2回」の用量と決定し、治療を継続

例2:耐えられない副作用が発現し、服用の継続が困難と判断された場合 例2:耐えられない副作用が発現し、服用の継続が困難と判断された場合
  1. 「1回1.2mg」に増量した際、耐えられない副作用が発現。
  2. 服用の継続は困難と判断し、用量を前段階の「1回1.0mg」に減量。
  3. 減量により、副作用の症状が耐え得る程度に軽減。

本症例の最大耐用量を「1回1.0mg、1日2回」の用量と決定し、治療を継続

※段階的に用量を減量してもなお、耐えられない副作用の症状が軽減又は消失しない場合、本剤の服用を中止します。

用量維持期における用量変更例

一旦、治療効果が認められていたものの、用量維持期に治療効果が不十分と判断され、再増量を試みた場合 一旦、治療効果が認められていたものの、用量維持期に治療効果が不十分と判断され、再増量を試みた場合
  1. 「1回0.4mg」に増量した際、耐えられない副作用が発現。
  2. 服用の継続は困難と判断し、用量を前段階の「1回0.2mg」に減量。
  3. 減量により、副作用の症状が耐え得る程度に軽減。
  4. 本症例の耐用量は「1回0.2mg、1日2回」の用量と決定し、治療を継続

  5. その後、治療効果が不十分と判断され、再増量を開始。
    再増量した際には「1回0.8mg」まで増量でき、忍容性を確認。
  6. 「1回1.0mg」に増量したところ、耐えられない副作用が発現。
  7. 用量を前段階の「1回0.8mg」に減量。
  8. 減量により、副作用の症状が耐え得る程度に軽減。
  9. 本症例の最大耐用量は「1回0.8mg、1日2回」の用量と決定し、治療を継続

※再増量する際には、再増量までに8日以上の間隔をあけ、慎重に忍容性を確認しながら漸増します。

ウプトラビ®錠の投与に際しては、最新の添付文書情報及びDrug Informationを確認してください。

ページトップへ

×

日本新薬 日本新薬Infoメール

ご登録いただくと、製品に関するお知らせ、疾患情報、Webカンファレンスや動画コンテンツなどの
新着情報のご案内メールをお送りいたします。

ご希望の製品を選択してください。

  • 肺高血圧症

  • デュシェンヌ型筋ジストロフィー

  • ドラベ症候群

  • 血液内科領域

  • 鉄欠乏性貧血

  • 泌尿器科領域

  • アルコール依存症

  • アレルギー性鼻炎

メールアドレス

※「po.nippon-shinyaku.co.jp」からのメールを受信許可設定をお願いいたします。

ご登録時の会員情報(お名前、ご所属、メールアドレス等)、本メールへの登録状況を「プライバシーポリシー」に従い安全管理措置を講じたうえで、「個人情報の利用目的」に記載された利用目的ならびに、弊社(MRや弊社サイト等)からの情報提供やサービスのお知らせのために利用させていただく場合がございます。

登録

送信先メールアドレスを変更される場合、
下記から変更をお願いいたします。

日本新薬

医療関係者向けサイト

このサイトで提供している情報は、弊社の日本国内で販売している医療用医薬品等に関する情報を医療関係者(医師・薬剤師・看護師等)の皆様に情報提供することを目的として作成されています。一般の方への情報提供を目的としたものではありませんのでご了承ください。

医療関係者の方

medパス会員・Medical Note Expert会員として
ログイン

日本新薬の医療関係者向けサイトでは、ログイン機能として「medパス」ならびに「Medical Note Expert」の会員システムを採用しております。会員向けコンテンツをご利用いただく場合は、「medパス」または「Medical Note Expert」のID・パスワードでのログインが必要です。
ログインいただくと、会員向けコンテンツ(一部製品の動画、資材など)の閲覧が可能となり、Webカンファレンス視聴時や資材申込の手続きが簡便にご利用いただけます。

※medパスのサイトに
移動します。

※Medical Note Expertのサイトに移動します。

会員向けコンテンツ以外(添付文書などの製品基本情報)をご利用の方は、対象の職種をお選びください。

  • 医師
  • 薬剤師
  • 看護師
  • その他

医療関係者ではない方

  • コーポレートサイトへ
  • 「患者さん・ご家族の皆さま」向け
    健康情報サイトへ